のお知らせ


 日曜日のミサは、特に記載がない場合は、7時半、10時の2回。

                 第4日曜日は、7時半、10時、12時半(ポルトガル語ミサ)の3回です。


2021 年6月の典礼

*6月の教会祈る意向                                                                                                             

福音宣教の意向: 結婚の美しさ

キリスト者の共同体に支えられて結婚の準備をすすめている若者たちのために祈りましょう。寛大さ、誠実さ、そして忍耐をもって、愛を育むことができますように。

日本の教会の意向: 召命

高齢化していく日本の教会の中で、若者がキリストの呼びかけに応え、神の民に奉仕することができますように。

 

 

6月は「イエスのみ心の月

   イエスのみ心は全人類に対する神の愛の象徴としてイエスの心臓を表し、その信心はイエス のみ心に表される神の愛を思い起こし、その無 限の愛のしるしであるみ心をたたえるものとし て中世に始りました。

  特に聖マルガリタ・マリア・アラコック(1647-90)がみ心の 信心についての啓示を受けて 17 世紀にフランスで広まりまし た。1675 年6月 16 日、この聖女はご聖体を前にして、イエスの 愛にこたえたいという思いに駆られました。そのときイエスは、 愛情に燃えているみ心を示して、人々の間に存在する冷淡な心を 嘆かれ、イエス自身の愛に倣ってその心を尊ぶことを勧められま した。

またこのようなイエスの出現が数回にも及び、ご聖体の祝日 (キリストの聖体)後の金曜日をみ心を礼拝する特別な祝日として 定めるようにとのお告げにより、み心の信心の内容と形式が明確 にされるようになりました。

そして 1856 年に教皇ピオ9世によってイエスのみ心の祭日が ご聖体の祝日後の金曜日に全世界で祝うことが定められました。 ご聖体とみ心の主日がおおよそ6月に祝われるというこのような 歴史からして、次第に6月が「イエスのみ心の月」と自然に浸透 し、制定されてきたことは十分に考えられます。(日本カトリッ ク中央協議会 HP より)

今年(2021 年)イエスのみ心の祝日は6月 11 日(金)です。 カトリック習志野教会では 10 時にミサがあります。

 

6月の主日ミサの予定

 

6日(日)キリストの聖体(祭日)

  7:30と10:00 日本。第一ブロックのミサ参加 

  17:00 ベナム語ミサ。第一グープのミサ参加

 

13 日(日)年間第 11 主日
  7:30と10:00 日本
。第二ブロックのミサ参加 

  14:30 教会学校のためのミサ。聖体クラス始まる。

 

20 日(日)年間第 12 主日
  7:30と10:00 日本
。第三ブロックのミサ参加 

  17:00 ベナム語ミサ。第二グープのミサ参加

 

27 日(日)年間第 13 主日。聖ペロ使徒座へ

   7:30と10:00 日本。第五ブロックのミサ参加 

   12:30 ポルトガルのミサ(マア神父様)
   14:30 教会
学校のためのミサ。聖体の勉強会(1)

 


主任司祭からのお知らせ

 

 

主の平安

 

 主の復活は私たちの信仰の土台、生活の希望であるようお祈り申し上げます。

 

 政府は本日25日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に適用する。期間は5月11日

までの17日間。千葉県は対象外ですが、東京教区の教会としてはその影響を避けられません。

 

 1.今週4月29日(木)午後2時よりカテドラルで行う司祭叙階式は非公開ミサとなりました。昨年度、小田助祭は習志野教会で奉仕しましたので、今回の小田助祭の司祭叙階式に、教会運営委員会代表と教会学校リーダー代表が参列してお祝いする予定でした。教会学校の子供たちも4月11日に小田助祭にメッセージを書いていました。叙階式の後、参列するリーダーが小田新司祭に手渡す予定でした。しかし、東京都に対する緊急事態宣言が発出され、習志野教会から主任司祭と信徒代表1名の参列に制限されました。教会学校リーダーたちの参列が中止されてしまいとても残念でした。どうか、小田助祭のためにお祈りしましょう。逆境にあってもっと強くなりますように。

 

 2.本日は復活節第4主日、「世界召命祈願の日」に当たっています。この日の福音個所はいつもヨハネ福音書10章「わたしは良い羊飼いである」というイエスの言葉が朗読されています。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい」(マタイ9:37-38)という主イエスの言葉どおり、司祭召命のために祈らなければなりませんが、司祭が良き牧者であることは司祭個人の努力だけではなく、神さまの働きのわざですから、

すべての司祭、特にぼくのためにお祈りください。よろしくお願いします。

 

いつくしみ深い父よ、いま心から祈ります。

現代の困難な状況の中で、職務にはげんでいる

すべての司祭を助けてください。

感謝と喜びをもって終わりまで

その尊い使命をまっとうすることができますように。

主・キリストによって。 アーメン。

 

                                                                                                                                                          2021年4月25日 復活節第4主日

                                                                                                                                                            主任司祭 ヨセフ ディン

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ✞主の平安

 

 昨日(3月7日)オンラインで教会運営委員会が開かれ、運営委員会の方々の意見を伺った後、条件付きでの公開ミサを再開することを以下の通り決定しました。

 

 3月12日(金)10時のミサから再開されます。

 3月13日(土)14:30から、教会学校のためのミサが再開されます。

 3月14日(日)から7:30と10:00のミサが再開されます。

 

 公開のミサ再開に当たって以下のことをご注意ください。

 

1.日曜日7:30と10:00のミサは、昨年の公開ミサと同様、ブロック毎の参加で人数を各ミサに70人制限いたします。

 

2.公開ミサが再開されても、参加義務はありません。体調不良の場合、また家族の不安があればお休みください。コロナ禍の間、主日のミサに与る義務は免除されます(大司教の許可)。

 

3.教会では、検温・手指の消毒・マスクの着用をお願いします。新型コロナウイルスの感染源は「飛沫」です。ですから、聖堂の入口での会話を避けてください。

 

4.座席で受付表を記入できるように、非接触のため各自ペンをご持参ください。

 

 すでに四旬節第3主日を迎えました。来週14日は第2ブロック、21日は第3ブロック、28日は第4、5ブロックのミサ参加ですが、 復活祭には皆さんは一回ごミサに与ることが出来るよう準備しています。昨年には非公開の復活祭でしたが、今年こそ主のご復活の喜びをご一緒に祝うことができるようお祈りし、運営委員会と共に準備しています。

 

                                                                                                                                                              2021年3月8日 四旬節第三週

                                                                                                                                                                     主任司祭 ヨセフ ディン

 


***** 献金の郵便振替の利用が可能になりました *****

 

        2019年7月14日(日)より月定献金(教会維持費)等の各種献金を郵便振替にて

        行うことが出来るようになりました。

        ご希望の方は、振替用紙をご用意していますので、教会事務室にお問い合わせ

        下さい。

        TEL  043-216-0035