のお知らせ


 日曜日のミサは、特に記載がない場合は、7時半、10時の2回。

                 第4日曜日は、7時半、10時、12時半(ポルトガル語ミサ)の3回です。


 

2023年2月の典礼

 

 2月の主日(日曜日)のミサ 

  5日(日)年間第5主日

      7:30   &  10:00   日本語 

               

  12日(日)年間第6主日

     7:30   &  10:00 日本語 

 

  19日(日)年間第7主日 

            7:30   & 10:00 日本語

         17:00 ベトナム語ミサ 

  

        22(水)灰の水曜日 (大斎・小斎) 四旬節愛の献金

      19:00  ミサと灰の式 (日本語)

 

   26日(日)四旬節第1主日   洗礼志願式

     7:30  & 10:00 日本語

     12:30 ポルトガル語のミサ(マシアス神父様)

 

 主日以外のミサ

  ◆金曜日のミサ:毎金曜日 10:00

 

        ◆祝日&祭日のミサ:

                   2月2日(木) 主の奉献(祝日)  10:00

                        

③ 2月の教会祈る意向

  教皇の意向:小教区の教会

  交わりの中心に据(す)えた小教区の教会が、信仰と友愛の共同体として成長し、最も困窮している人々

  を招き入れることができますように。

  

 ◆日本の教会の意向:難民

  難民の人たちが、困難の中にも将来に対する希望を持ち続けられますように。

 

④ 「世界病者の日」 (2月11日)

   教皇ヨハネ・パウロ二世は、1984年2月11日(ルルドの聖母の記念日)に使徒的書簡『サルヴィフィチ・

  ドローリスー苦しみのキリスト教的意味ー』を発表し、翌年2月11日には教皇庁医療使徒職評議会を開設し

  ました。さらに1993年からはこの日を「世界病者の日」と定め、毎年メッセージを発表しています。

   病者がふさわしい援助を受けられるように、また苦しんでいる人が自らの苦しみの意味を受け止めていく

  ための必要な助けを得られるように、カトリック医療関係者だけでなく、広く社会一般に訴えていかなけれ

  ばなりません。医療使徒職組織の設立、ボランティア活動の支援、医療関係者の倫理的霊的養成、病者や苦

  しんでいる人への宗教的な助けなども重要な課題です。

 

⑤ 四旬節愛の献金(四旬節中)

   教皇は毎年、四旬節に向けてメッセージを発表し、キリストを信じるすべての人が四旬節の精神をよく

  理解して、回心と愛のわざに励むよう呼びかけます。この呼びかけにこたえて日本のカトリック教会は、 

  虐げられ、差別され、見捨てられ、いのちの危機にさらされている人たちとの共感を大切にするよう
  一人ひとりに訴えるとともに、四旬節中の「愛の献金」を奨励しています。

   この「愛の献金」は、カリタスジャパンを通して海外諸国と日本各地送られ、難民や孤児、そして、貧困

  失業、飢餓などに苦しむ多くの人々のいのちを守るために、また彼らの自立を助けるために使われます。

    



***** 献金の郵便振替の利用が可能になりました *****

 

        2019年7月14日(日)より月定献金(教会維持費)等の各種献金を郵便振替にて

        行うことが出来るようになりました。

        ご希望の方は、振替用紙をご用意していますので、教会事務室にお問い合わせ

        下さい。

        TEL  043-216-0035